仮想通貨で資産を100倍!@サラリーマンの億り人投資術

30代サラリーマンが仮想通貨に投資して億り人になった投資術と仮想通貨についてご紹介!

注目!オススメの仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?

.ライトコイン(LTC)とは

P2P(ピア トゥ ピア)の完全分散型のインターネット通貨。オープンソースであるビットコインのプログラムコードを元に作成された通貨の一つ。

 

P2Pとは・・・複数の端末間で通信を行う際の構造のひとつ。対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信技術の一つ。

f:id:kasoutuukatoushi:20170627152435p:plain

fig.1 Peer to Peerのイメージ図

 

●Webサイト

https://litecoin.org/

 

開発者

チャーリー・リー(Charlie Lee) Twitter@SatoshiLite *Googleのエンジニア

 

2.ライトコイン vs ビットコインBTC 

発行日

2011年10月

 

発行上限

8,400万枚 (BTC:2,100万枚)

 

アルゴリズム

Scrypt (BTCSHA-256) *BTCよりも早く取引処理可能

 

ブロック生成時間

2.5分 (BTC:10分)

 

ブロックサイズ

M (BTC:1M

 

時価総額

¥275,220,534,932 (BTC¥4,973,225,390,714

*6月23日 現在

 

価格

¥5326,02BTC¥303,136

*6月23日 現在

 

利用目的

決済用コイン

  

3.ライトコイン取扱取引所

国内

Coincheck サイトURL:https://coincheck.com/?c=f7LNhhb8JTw 

(運営会社:コインチェック株式会社)サイトURL:http://corporate.coincheck.com/

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

Bitbank サイトURL:https://bitbank.cc/

(運営会社:ビットバンク株式会社) サイトURL:https://bitcoinbank.co.jp/company/

 

kraken

*不明瞭のためNG 

 

海外取引所 *日本人ブロガーが多いサイトのみ紹介 

Bitbank サイトURL:https://bitbank.cc/

 

Poloniex サイトURL:https://poloniex.com/

 

4.過去のライトコイン相場変動

4−1. Segwitの決定

ライトコインはSegwitが5月11日にアクティベート(実行)された。

 

Segwitとは・・・トランザクション情報(取引情報)から送信者の「署名」部分を分離すること。

 

これで、トランザクション容量を削減することできるから、スペースが空いた分、1ブロック内に詰め込めるトランザクション量が増えて、取引量が増えても遅延や取引停止が起きないようになる。

 

つまり、今後ライトコインの取引規模が大きくなっても、取引遅延や取引停止などの問題が発生する可能性が低減できる。今後も安心してライトコインを使ってくださいなって安心材料を取り入れたってこと。

 

で、Segwitが決定すると相場はどう変化するの?ってことなんだけど、あくまで推測と過去の実績からしか言えなくて、必ずライトコインの価値が上がるとは言えないんだよね。

 

ただ、過去の取引チャートを見ても、Segwitによって価格が上昇しているようなんだ。

 

 

<<過去のチャート>>

 

 

現時点で、Segwitが決定した有名どころのコインは2つ。ライトコインとモナーコイン。もちろん価格も上がってる。

 

 

5.今後の展望

 

.で伝えたSegwitなんだけど、これって今後ビットコイン取引を行う上で、超重要なことなんだ。現時点(6月23日)で、時価総額1位のビットコインが8月1日に分裂する!?って話があるんだ。

 

この分裂問題によって、ビットコインが信用を失って、大暴落する可能性があるんだ。そんな怖い通貨に大事なお金入れておけないよね?

 

だから、資産の逃げ場所を求めて、ビットコインから他の通貨へお金が流れているようなんだ。その矛先の一部がライトコイン。。。

 

 

<<過去のチャート>>

 

 

取引量が増えてきてるよね。

 

理由としては、さっき話ししたビットコインが抱えるスケーラビティ問題を、ライトコインは先にSegwitを行なったことでクリアにしたこと。

 

そして、ライトコインは開発者のチャーリー・リーが言った「ビットコインが金ならば、ライトコインは銀を目指す」発言もあって、資産の逃し先にはライトコインが良いと考える投資家が多いんだ。

 

さらに最近のライトコインの動きを見てみると、ライトコインATMのテストをアトランタでやり始めた見たい。

 

 

<<twitter>>

 

 

ビットコインと同じ決済手段として開発されたライトコインが、少しずつ生活の中に入ってきそうな動きだね。ビットコインと同じようにライトコインのインフラが徐々に整備されて行けば、ビットコインの単価までとは言わないまでも、今以上に価値を上げていく可能性が高いね!

 

ぜひ、この機会にライトコインを購入してみては?

 

日本国内の取引所でライトコイン(LTC)を購入するなら、【Coincheck】がオススメ!

  

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

  

この本当は「Zaifで!!!」って言いたいんだけど、残念ながら扱ってなくて・・・海外の取引所になるとアフターサポートやら登録やらが英語中心なので、万が一の事態を考えると国内の取引所がいいかな。

 

今後のために、登録だけしておいてもいいと思いますよ^^

 

それでは^^