仮想通貨で資産を100倍!@サラリーマンの億り人投資術

30代サラリーマンが仮想通貨に投資して億り人になった投資術と仮想通貨についてご紹介!

仮想通貨はお金に出来るの?

仮想通貨で金脈を掘り上げた働かないサラリーマン代表のsatoです!

 

最近、「仮想通貨は儲かる!!!」なんてことを耳にすることが増えましたね。

 

バブルのような盛り上がりを見せる仮想通貨界隈ですが、ほとんどの方がまだ仮想通貨に対して疑心暗鬼の状態・・・多くの方が口を揃えて、

 

そもそも仮想通貨ってお金になるの?大丈夫なの?」

 

と、新手の詐欺やネズミ講を疑います笑

私も昨年、知人や友人に仮想通貨を紹介した時に、耳にタコが出来るくらい言われた言葉です。

 

しかし、ご安心ください。仮想通貨はちゃんとお金にできます!最近では、大手家電量販店でも支払い手段として「ビットコイン決済」を導入しています!

また、直近で言えば、格安航空会社でも航空券のビットコイン決済導入を勧めています。

 

では、なぜお金になるのか、その仕組みについてお話します。

 

例えば、家にある不要なモノを捨てればお金にはなりません。でも、オークションサイト、メルカリなどに出品して買い手が見つかれば、不要なモノもお金になります(商品売買)。

 

それと同じ原理で、仮想通貨を欲しいと思う人に、売りたいと思う人が売る。売る時に、お互いがわかりやすいようにお金で交換する。これで、売買が成り立っているんです。では、実際の売買を例に挙げて説明します。

 

 

まず、仮想通貨を購入するには、仮想通貨を取り扱う取引所(国内:Zaif、CoinCheck、Bitflyerなど)にお金を入金して購入することになります。

購入する際に、例えば、

 

Bitcoin = 270,000円

1XEM = 25.5円

MONA = 30円

 

のレートだった場合、購入者はそのお金を取引所に入金して仮想通貨を購入します。仮想通貨を手に入れる前までは買い手側ですが、仮想通貨を手にした後は、売り手になります。そして、購入後に下のように

 

Bitcoin = 280,000円(プラス10,000円)

1XEM = 30円(プラス4.5円)

MONA = 35円(プラス5円)

 

と仮想通貨の価格が上がった場合、最初の価格よりも高い価格で売ることができます(売買差益)。

 

買い手と売り手が仮想通貨というツールを介してお金のやり取りをするだけなので、仮想通貨もちゃんとお金になるんです。

 

だから、ちゃんとお金に変えられるので、安心して取引して問題ありません^^

 

ただ、仮想通貨が何らかの原因で、購入時の価格よりも下がる可能性もあるので、必ずしも儲かるというものではないので、余剰資金で投機することをオススメします!

 

それでは! 

  

      (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ 今は何の価値もない私のトークンですが、ご興味があればご寄付お願いします (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

Donate with IndieSquare

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin